$700 Web Masters


よくある質問
FAQ

ウェブマスターとは、Webサイトのデザイン、開発、マーケティング、または維持・管理する専門の担当者のことをいいます。別名では、Webサイト管理者、ウェブ・アドミニストレーター、ウェブマイスターなどと呼ばれます。たいていは一般的な事務職でありながらHTMLの知識を有し、Webサイトの運営・管理を全般的に行います。PHP、Perl、Javascript等のコンピュータ言語の知識・技術を有する人もいます。さらに、Webサーバーを構築するためのコンピューターの知識・技術を有し、サーバー・アドミニストレーター(サーバー管理者)を兼任することもあります。
弊社に委託したい業務や行程のリスト、新規にWebサイトを制作したい場合は、Webサイトに掲載したい写真、イメージ、およびコンテンツ内容をまとめた文書(手書き、Wordなどのデータでも構いません)、また、ご希望のデザインのテイストがわかるような、参考となるWebサイトのリストや資料をご用意いただければ、ヒアリングもその後の制作もスムーズに行えます。

Standardプランでのお申し込みでデザインテンプレートを使った上でなら制作可能です。

通常、ECサイトを制作する場合、ショッピングカートや会員システムの設置など、開発に時間やコストのかかる作業が発生します。また、電子決済用のアカウント、暗号化通信に関する取り決め、商品画像、商品の説明文、販売品目の法的手続き、販売地域の範囲、税金や送料に関する取り決めなど、クライアントご自身に用意・決定していただくものも多く、制作にはそれ相当の時間がかかるものとお考え下さい。

可能です。新規制作の場合は、クライアントにiPhoneや、iPadに最適化されているデザインテンプレートをオススメしています。

可能です。デザインテンプレートがFacebookやTwitterに対応しており、個人アカウントやビジネスアカウントをお持ちでない場合も、開設方法などをアドバイスいたします。

いいえ、画像はあらかじめご用意ください。

画像のご用意がない場合は、最初に無料の著作権フリーの画像素材集から探します。これで見つからない場合は、有料の著作権フリーの画像素材集の中から探します。この場合、別途実費がかかってくるものとお考えください。いずれにしても、ご希望に合致するような画像は、基本的には素材集の中にはないものとご理解ください。

いいえ、文章はクライアントご自身でご用意ください。クライアントの取り扱う商品やサービスに関して一番よく理解しているのは、クライアントご自身です。弊社は、あくまでサポートの立場として、サイトの更新作業を行います。校正が必要な箇所、SEO対策のためのアドバイスなど、どのように文章を作ればいいのかは、弊社からアドバイスさせていただきます。

1クライアントにつき1名の担当者が対応しますので、ご依頼の規模によって差がでます。優先順位を含めご依頼いただければ、効率的に作業が進められます。また、ご指示が明確で具体的なほど、納期が早まるとお考えください。ご契約前のヒアリングにて、どのような手順でお手伝いできるのかを把握し、スケジュールを組んでいきます。おおまかな目安としては、1つのご依頼に短くて1時間、平均で2日程度の作業時間をいただいています。

ご依頼の規模にもよりますが、ご指定いただいた納期になるべく納品できるように努めます。本サービスは、1クライアントにつき1名で対応することで、低価格化を実現しています。納期に関しては、余裕を持った上でご指定ください。どうしても急ぎで制作して欲しいなどのご依頼につきましては、スタッフ1名での対応が不可能となり、本サービスの対象外となってしまいます。その場合、別途見積もりの対象となりますが、まずは一度ご相談ください。

本サービスでの新規Webサイト制作は、デザインテンプレートをカスタマイズすることでWebサイトを制作いたします。カスタマイズ可能な範囲のデザイン修正については無制限の変更を承ります。

実際の工程では、制作途中のポイントとなる通過点で、承認をいただいた後、次の工程に取り掛かります。 承認後のデザイン修正などクライアントのご都合で、作業期間が1週間を超えるものについては、本サービスの対象外として、別途費用が発生いたします。また、制作途中まで進んでいたWebサイトをゼロから新しいデザインに切り替えるなどの場合も、別途費用が発生いたします。

テキストや画像の受け渡しには、E-mailや、DropBoxなどの各種クラウドサービスをご使用いただけます。手書き文書などは、携帯電話で写真を撮ってお送りいただいても構いません。

他社で制作されたサイトについても、文章や写真などの更新であれば、アクセス権をいただいて更新が可能です。修正に関しても、基本的に対応いたしますが、修正の規模や、メインテナンスが困難なサイトの場合には、将来性を考えてリニューアルをオススメする場合があります。その場合、デザインテンプレートを使用しての新規制作となります。

100種類以上の中からお選びいただけます。

テンプレート自体は、SEO対策に最適化したものをご提案させていただきますが、SEO対策は、いくらテンプレート自体が最適化しているとはいえ、すぐに効果が表れるものではありません。SEO対策に最適化されたテンプレートを使ってクライアント自身がサイトを育てていかなければなりません。本サービスでは、そのお手伝いも含まれています。

本サービスは、1契約につき1ドメインまでとなっています。このケースでは、本サービスを2つご契約ください。その場合、クライアントのご担当者様が同一の場合は、弊社も窓口としてスタッフ1名で対応いたします。ご契約を2ついただいているので、制作や更新作業にはスタッフ2名で対応させていただきます。ご担当者様が異なる場合は、弊社窓口のスタッフも別にすることが可能です。ご相談ください。また、このケースのように、複数の新規Webサイトの同時期制作に関しては、弊社スタッフのスケジュールの都合でお断りすることもあります。ご了承ください。

そのドメインが取得可能なようでしたら、弊社で取得を代行いたします。その場合、実費をお支払いいただきます。また、ドメインの移管・更新・管理について弊社にご依頼される場合は、本サービスの対象外として、実費をお支払いいただきます。

はい、本サービスでは、WordPressでのサイト制作をオススメしています。

英文記事をご提出していただけましたら可能です。ただし、サイトの構造によって、URLが変わってしまう場合があります。また、翻訳をご希望の場合は別途費用が発生いたします。

具体的なご指示をいただける場合は可能です。特に具体案はなく、ビジネスコンセプトからイメージ考案するような、それだけで日数を要するご依頼に関しては、本サービスの対象外となり、別途お見積もりいたします。

弊社はクライアントの業務のプロフェッショナルではございませんので、SEO対策の見地から文書制作のアドバイスはさせていただきますが、事業内容、商品説明などの具体的文書はクライアントでご用意いただいております。

ログインIDやパスワードなどを弊社担当にいただけるようでしたら可能でございます。

本サービスでは、「Web制作や更新に関連する手書き資料のデジタル化」をサービスの内容に謳っておりますが、「会議用の手書き資料のデジタル化」はご遠慮ください。パソコンのどのソフトを使ってどのように作るのがいいかなどのアドバイスはしておりますので、その際は、ご相談ください。

本サービスは、あくまでWeb Masterとしての契約でSE(システムエンジニア)としての契約ではございませんが、不具合の状態をご相談ください。弊社にて対応可能な症状かどうかを判断し、可能であればアドバイスさせていただきます。また、クライアント先への出張が必要なケースは別途実費の請求をさせていただきます。

E-mailや電話でのやりとりが可能でしたら問題ありません。添付ファイルやスマートフォンで撮影した画像などを使い、イメージを共有できる時代です。ぜひお試しください。

Starterプランでは最初に2ヶ月分の合計$200を、Standardプランでは合計$1400を前払いにて一括でお支払いください。Starterプランは1年単位、Standardプランは6ヶ月単位の契約となります。その後は、毎月前払いにて$100または$700をお支払いいただき、契約最終月のお支払いに関しては、最初にいただいたデポジットを当てさせていたきます。さらに契約を継続する場合も、同じ方法にてお支払いください。尚、何も作業が発生しなかった月でも、前払いいただいた費用は返金いたしかねます。期間内の本契約の解約には応じられません。お支払いはPaypal(ペイパル)もしくは、Wireまたはチェックがご利用になれます。Sales Taxは、含まれておりません。