成功するウェブサイトにするために
Web Masters

Webサービスに求められることは何なのかを1から考え直しました。
「制作」・「集客」・「ブランディング」を一貫して提供するWebサービス。

Windeffects Web Masters
作ることにコストをかけない

制作だけに
コストをかけない

  • ウェブ標準Wordpressを使用する
  • 簡単に、すばやくサイトを構築
  • 自分でサイトの中身を更新する
  • 難しいサーバー管理は不要
  • サイトのリニューアルにも最適

さらに詳しく »

成功するウェブサイトにする

ウェブサイトに
人を集める

  • Webサイトの集客とプロモーション
  • 常にユーザーの目線であること
  • 企業の都合でコンテンツを作らない
  • SEOは機械の為、コンテンツは人の為
  • 外観のデザインは後回しで構わない

さらに詳しく »

企業ブランドイメージを保つ

Webブランドを
形成する

  • WEBサイトの更新は営業活動
  • ユーザーの再訪を促す
  • ロイヤルユーザーを獲得する
  • コンテンツの品質とは
  • 良質なコンテンツの制作方法

さらに詳しく »


こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

  • アメリカで新しくビジネスを始めたい
  • Webサイトを低コストで作りたい
  • Webサイトをリニューアルしたい
  • Webサイトからの問合せを増やしたい
  • Web専属のスタッフを雇う余裕がない
  • 自社サイトの問題点を指摘してほしい
  • Webについて、きちんとした知識がほしい

Web Masterとは?

Web Master(ウェブマスター)とは、Webサイトのデザイン、制作、マーケティング、または維持・管理を専門に行う担当者のことをいいます。近年、iPhoneやiPadの登場から、Web業界は著しく進歩してきました。日常生活にもWebと連携したサービスが生まれ、高価だったサービスも驚くほど安く利用できるようになっています。こんな時代にウェブマスターに求められることは何でしょうか。それは単にWebサイトをデザイン・制作するだけではありません。経営的な見地から、企業の生き残りをかけた戦略の立案とアドバイスができるスキルが求められます。さらに最近では、中国からアメリカへのサイバーアタックが2年間で25億回を超えたというニュースもあり、企業情報を防衛するセキュリティの観点からも、しっかりとしたスキルが求められます。


Web Mastersの料金プラン

制作するだけという方にはStarterプラン、本格的に作りたいという方はStandardプラン

  • Starter
  • $1600
  • ページ数
    15 Pages
  • テンプレート設定
    Included
  • コンテンツ移管
    Included
  • Standard
  • $3800
  • ページ数
    50 Pages
  • テンプレート設定
    Included
  • コンテンツ移管
    Included