Cloud Solution


必要な機能のみ開発
The Functions that you want only.

企業の業務行程の必要なもののみをIT化。
開発コストを最小限の単位に分別できる。

90x90

仕事に使えてこそのIT
不要なものまでIT化しない。

ある公共機関が約8000万円の投資をして開発した物品調達入札システムでは、稼働後1件の入札もなく、1年間で数回のアクセスだけでした。世の中にはこんなシステムが至る所にあります。開発するだけで、これだけのコストがかかり、メンテナンスするために毎月の費用がかかります。従来のソリューションとはこういうものでした。ITとは、人に貢献できて初めて功をなすものであり、このようなシステムほど不要なものはありません。Excelを使った方がいい仕事ができるでしょう。


90x90

アジャイルソフトウェア開発
Ajail Software development.

上記の入札システムはウォーターフォール型とよばれる開発手法をとっており、1つのソフトを初めから最後まで一気に開発する手法です。そのため、ソフトの修正や更新にコストがかかり、開発にも時間を要し、維持管理にさらにコストがかかります。それに対してアジャイル型では、プロジェクトを小さく区切り、細かい単位でソフトウェアを開発する手法です。この手法は従来より存在しましたが、クラウド技術が発達したおかげで、最近になって大きく注目され始めました。アジャイル型の特徴は、コストが安く、リスクも少なく、システムの更新がし易いことが挙げられます。さらに、クラウドコンピューティングとの連携にによりメリットが増えてきます。

アジャイルソフトウェア開発によるユーザーインターフェース